かぶのお皿 源右衛門窯 染付根菜図(小皿)

またまたお気に入りの小皿です。

源右衛門窯 染付根菜図

 

かぶがなんとも愛らしくって源右衛門窯の通販サイトで思わず購入してしまいました。

カタチもお花型でお気に入りのお皿です。

深さがあるので、普段の食卓でも大活躍しています。

カブは、九州地方では古くから身近な食材であるとともに頭に通じ、頭(かしら)を目指すようにという意味があり、古く武士の間で縁起のいい食べ物として広まっていったと言われています。

その他にも「株が上がる」で「評判が良くなる」という意味もあるので縁起のいいモチーフであるのは間違いなさそうです。

IMG_1731[1]

それにしても、素敵なモチーフですよね。

染付のみのお皿なので、強い主張がなく、どんな器とも相性がいいのもお気に入りの理由です。

呉須の濃淡だけでここまで表現できるなんて、、、有田焼の職人さんの技術を感じる逸品です。